子供を産んでから「顔のたるみ」がすごい!なんとかしたい!

タイトルにあるように、子供を産んでから「顔のたるみ」が日々進行していると実感しています。なので写真を撮るのも嫌ですし、特に目が顕著で、パッチリとした目をしている人であれば、老若男女関わらずじっと見てしまうくらいです。目は口ほどにものをいうと言いますし、マスクをしていれば目が目立ちますよね。

希乃屋オールインワンジェルの使用感は?気になる口コミを徹底検証!

また口角や頬周りのたるみも気になります。

むくみ体質も手伝って朝は顔が大変な時が多く、マッサージは必須です。これはいかん!と思って、朝晩はマッサージを欠かさないですし、表情筋を鍛える運動も時々しています。秋冬はパックをしてハリを出させることも。

いろいろと試してはいますが、目や顔のたるみがなかった日はありません。

今では頭蓋骨のゆがみを疑っていて、状況が落ち着いたら専門の施術所に行って相談したり矯正をしたりしてもらいたいとも思っています。子供を産む前はたるみは気にならなかったので、子供を産んでからの生活の仕方が何か関係があるのか。

年齢的なものなのか。誰にも相談できていないので、専門家や詳しい人に一度訊いてみたい!というのが切実な願いです。たるみはなんとなく感じていた悩みですが、ここで告白しているうちに自分の中ではっきりとしてきて、どうにかして解決したい!と前向きになってきました。なので悩みがある場合は、「吐き出してみる」というのもアリだと思いますよ。

ダイエット1周年の効果

ダイエットを始めて今月で1年になりました。

鏡に映る自分の姿。写真撮影の自分の姿に わたしってこんなに(太く)見えるんだと自分で思ってる以上にふくよかな自分にテレビで紹介されるラクな食べて痩せるダイエットを取り入れていましたが食べても体重が増えるばかり。

夜は寝るだけなので夕食時はご飯を極力やめて納豆を食前に食べる工夫と、菓子パンも1週間に2回以内というマイルールを決めていましたがウォーキングは寒い時期だけだったので全体的に代謝が悪かったのでしょうね。

体重 52kgで53kgが近くなっていました。体脂肪率も32%。

独身のころは42kgでお腹周りのお肉の悩みはありましたがダイエットという言葉は鈍感なくらいでした。

クレイスムージー

結婚後インターネット契約をきっかけにでアップルパイやロールケーキなどが朝食になったり外食のラーメンが夫と同じ「大盛り」を食べるうちに50kgになり服のサイズも大きくなり洋服をたくさん買いなおしました。

昨年の春に乳がんの診断を受け手術をして再発・転移を防ぐためにも退院後もウォーキングを継続しました。

ただの散歩から少しずつ距離を伸ばし、体力がついたころに軽くジョギングを始め最近では5kmを遅いペースですが走れるようになりました。

夫とワイヤレスイヤホンを片耳ずつ使い音楽を聴きながらジョギングする楽しさを感じるようになりました。

朝食  パン(6枚切り)→豆腐 メープルシロップを少量で少しスイーツ感を楽しんでいます。

おやつ コーヒー味の豆乳がお気に入りです。

夕食  食前に納豆、ご飯はできるだけ少なくする。

菓子パンは月に1度 パン屋さんで昼食時に買って食べる楽しみにしています。

どうしても食べたいときは家族で半分に分けることでカロリーを抑える工夫をしています。

現在 体重 46kg、体脂肪率 27%です。

もう少し体を軽くしてジョギングのペースを上げるのが今の目標です。

洋服も Sサイズが入るようになり軽くなった自分の体型に気分も明るくなりましたよ。

日焼けは油断大敵!気にしよう

夏特有の肌トラブルと言えば『日焼け』が当てはまると思います。私も日焼け気になります。https://tips.jp/u/sayurin/a/beauty-spack-rv

前に近所のお祭りで約半日ほどお外に出て、踊る機会がありました。その際に始まる前に日焼け止めを顔や腕、足など日に当たる部分にはおおめにぬっていたのですが、お祭り途中くらいからじんじんしてきていました。終わった時も肌が赤くなっていて完全に日焼けしていました…。赤いだけじゃなくて少し触れただけでも痛くて、お風呂に入った時のシャワーに触れただけでイタッ(>-<)となってしまうほどでした。 そういう時にはやはり何度も塗り直すことが必要なのだと思いました。 ゴミ出しでお外に出る、近所へのお買い物でも日焼け止めを塗っておかないと肌へのダメージは否めません。 1回塗って効果が出るまでには30分ほどかかると言われているので、外行く直前ではなく、その30分前ほどから塗ることが効果を最大限に発揮する方法なのだと思います。そして、長時間お外に出る際は何回も塗り直さないと、途中で汗によって落ちてしまって効果が無くなることがあるそうです。 日焼けしたあとはその部分を冷やすということも重要だそうです。日焼けはやけどしている状態なので、冷やしてあげないといけません。 日焼けは身近でどのような人でもあてはまるトラブルだと思います。どのようにして少しでも肌への影響を減らすのか考えるのが大事だと思います。

40歳を過ぎてからの化粧品との付き合い方

ずっと同じ化粧品でいいと思っていました。しかし40歳を過ぎた頃に、今までの化粧品では肌の乾燥をカバーしきれなくなりました。
一気に肌の衰えを実感したのを覚えています。乾燥による小じわが目立つようになり、一晩寝てから朝起きたときの肌のつっぱりを感じました。
最初は何が問題なのかわかりませんでした。しっかり今まで通りのケアをしているはずなのにおかしい。どうして?

ヒメルファンデーション

そう思いながらドラッグストアの美容コーナーをウロウロしていたとき、美容部員さんに声をかけてもらいました。
「肌年齢のチェックをしてみませんか?」その一言に、私は「まあ、お試しなら」とお願いしてみることにしました。実は肌年齢には自信がありました。
よく「若く見えますね」と言われるからそんなに問題ないだろう。むしろ大幅に若いという数値が出たら嬉しい…など、浮かれた気分でお試しに挑戦。

結果はなんとプラス2歳!とてもショックでした。思わず何がいけないのかを美容部員さんに訊ねました。
とても優しく親切に、お肌のケアのやり方を変えなければいけないことをご説明いただきました。

私にとって人生で初のお肌の惨敗でした。そのときにオススメされたケアを続けて約半年後。再び同じ美容コーナーで肌年齢チェックをお願いしました。
なんと、マイナス5歳まで若返っていました!これには心の底からの驚きと喜びがありました。

やはり年齢なりの対策をこまめにすることが大事なケアなのだと実感。
しかも何歳からでも遅くはないということを知ることができました。それからは的確なアドバイスのもと、年齢に合った肌ケアをすることで悩みもなくなりました。
ケア用品と基礎化粧品は自分の年齢に合ったもの、自分の肌に合ったものを見つけるのが吉です。