混合肌のニキビ対策について

お顔の中で乾燥する部分と、油分の多い部分のどちらもあるのが混合肌です。通常ニキビ対策としては、ニキビのもととなる油分を過剰にしないため、油分の多いクリーム系を控えめにするとか、乳液やジェルにするといった方法があります。ビハキュアの効果

ですが、乾燥しやすい頬には油分が足りず、かさついてしまうことがことがあります。そのため混合肌の場合のニキビ対策はちょっと工夫する必要があります。解決策としては、大きく分けて2通りで、お顔の中で「油分の多いクリームとジェルを使い分ける」ということと「肌バランスを整える製品を使う」ということです。

化粧水をつけたあと、おでこや鼻、あごなど皮脂分泌が多くニキビのできやすい部分には、ジェルや乳液などさっぱり系の保湿剤を塗り、頬や目周りなど乾燥しやすい部分にはクリームを塗る、という方法があります。クリームとジェルや乳液などを使い分ける必要があるので、スキンケアにちょっと手間がかかるように感じるかもしれませんが、混合肌の方には効果的です。

やはり塗り分けをするのは面倒で、パパッとスキンケアを済ませたいという方には、油分と水分のバランスを整えてくれるタイプの化粧品を使用するのもおすすめです。過剰な油分は抑え、水分が不足している所は補ってくれる、という設計になっています。

少々お値段が高めにはなりますが、時短したいという方は使ってみてもいいかもしれません。混合肌のため、顔全体にクリームを塗るとニキビができてしまうという方は、クリームとジェルを塗り分けるという方法や、バランス調整をしてくれる化粧品を使う、という方法を試してみてはいかがでしょうか。