ペーパードライバーワーママと習い事送迎

車の運転ができる専業主婦は無敵だ。LITALICOワンダー(リタリコワンダー)の料金は高い?月謝や教材費

夫の収入だけで生活できるから専業なわけで(やりがい等で共働きを選択しているキャリアウーマンは置いておいて)、時間は潤沢にあり、機動力もある。

それに引き換え、フルタイムワーキングマザーでしかもペーパードライバーは悲惨だ。

保育園、学童などの送迎もそうだが、子どもの習い事、塾などで時間に余裕もない上に送迎の問題が浮上する。送迎バス付きの習い事ばかりではないし、子どもを自転車のうしろに乗せられる期間はすぐに過ぎ去るし、徒歩で送迎をするにしても習い事と家との距離が負担なく歩けるちょうどよい距離間とは限らない。

習い事まで想定して家を建てないからだ。

徒歩での送迎、夏は大量に汗をかくし、冬は寒い。雨の日はズタボロだ。

専業主婦とは違い、平日の午後に習い事を入れる、という選択肢もないのでほとんど休日に、おそらく土日にいれる家庭が多いだろう。

土曜日の午前は後回し又は平日がまんしてやり過ごしていた町医者に行く用事もある。

週末の買い出し、それなりの家族ごっこもこなしながら子どもの習い事送迎。

徒歩で頑張るか、旦那を動かすか。どの場面でも選択を迫られる。

自分の時間はどこで取る…。

子どもの習い事、何をさせる問題以外にもこんな問題を抱えている保護者もいるのだ。

まぁ、運転できればいいんだけど。