小さなしわを発見する事が大事

20代前半までは、しわが出来にくいのでそこまで念入りに自分の肌を観察しなくてもいいと思いますが20代後半から少しずつ肌環境が悪くなってきてしわができるリスクが高くなります。そこで、大事になるのが小さなしわをいち早く発見することです。しわができるという事は、加齢によって肌が老化してきている可能性が高いですがしわが大きくなると簡単に改善する事ができないです。

http://www.pakipaya.net/

しかし、小さいしわであれば改善できる可能性が高くなり、しかも肌環境の悪化にいち早く気づきそのための美容活動もできて大きなしわをある程度予防する事ができますよね。

そこで、半年に1回ぐらい自分の顔のアップ写真を撮っておき毎日比較していくようにします。比較する事で、小さいしわなど少しの変化に気づく事ができて早くしわ対策をしていく事ができます。しかし、比較しなければ小さいしわを見過ごしてしまう可能性が高く、ある程度しわが目立つようになってから気づくパターンも多いのでしわの治療が遅くなってしまいます。洗顔する時などに自分の顔を見ると思うので、その時に以前撮った写真と比較します。ちょっと手間がかかりますが綺麗な肌をキープするための1つの活動になるので比較チェックを出来る限り忘れずにしていきましょう。