表情筋トレーニング、マッサージでリフトアップを目指しましょう

表情筋を鍛える事で改善されますが、間違った方法で行うと皺が悪化してしまいます。正しいトレーニング、マッサージを行って若々しい表情を手に入れましょう。

http://gypsygreens.org/

まずは表情筋について詳しく説明したいと思います。別名を顔面筋と呼ばれ、喜怒哀楽の豊かな表情を作っています。表情筋は頭蓋骨の表面や筋膜から首の皮下結合組織まで繋がっている広範囲の筋肉です。

しかし、下顎を動かす咀嚼筋と表情筋は大別されます。表情筋は骨と骨を繋ぐ筋ではない為皮筋に分類され、すべて顔面神経に支配されています。各部分を細かく説明していきましょう。

眼の周りを取り囲むようについている筋肉を眼輪筋といいます。瞬きや目を閉じる動作に作用します。

鼻の両脇から鼻筋に沿うように走行している筋肉を上唇鼻翼挙筋といいます。上唇と鼻翼を引き上げる動作に作用します。

口の周りを取り囲むようについている筋肉を口輪筋といいます。唇の動きに関与し、口を閉じる動作に作用します。

下唇の下についている筋肉を下唇下制筋といいます。下唇を外側と下に引き下げる動作に作用します。

頬のやや深層にある筋肉を頬筋といいます。口角を外側へ引く動作に作用します。

鼻の両脇から鼻筋にかけて走行している筋肉を小頬骨筋といいます。上唇を引き上げる動作に作用します。

頬から口角に伸びる筋肉を笑筋といいます。口角を側方、外側へ引き上げる動作に作用します。名前の通り笑顔を作り出す筋肉です。

頬を斜めに走行している筋肉を大頬骨筋といいます。口角を上方、外側へ引き上げる動作に作用し笑筋と共に笑顔を作る筋肉です。

このように表情筋はたくさんあります。例えば笑顔は口元の筋肉だけではなく、頬の筋肉や目尻を下げる筋肉など多くの筋肉を使います。一つの表情は顔全体の筋肉を使用しているという事です。その中でも話したり食べたりする口元、一日中瞬きをしている目元、驚いた時などに目を見開いたと同時に動く額に皺やたるみが多く出やすいです。それを少しでも改善するトレーニング、マッサージをお伝えしたいと思います。

まずは口元からです。口元と言えばほうれい線や鼻と上唇の間にできる縦皺です。ほうれい線は皺ではなく、小鼻の脇から口角周辺筋肉の境目です。皮膚のたるみによりほうれい線に沿ってできる大きな皺や溝です。若い頃は笑った時などほうれい線はできますが、真顔になればほうれい線はなかったはずです。引き上げる筋肉が衰えるとたるみが出てきてほうれい線がはっきりと表れてきます。口元のトレーニングは舌を使います。口を閉じて舌で歯の裏側をなぞるように回す動作を時計回り20回行います。反対回りも20回行います。次に大きく口を開けて「アー」という時の動作を10秒間続けます。「イー」と「ウー」も10秒続けます。このトレーニングで口輪筋や頬筋などが鍛えられ二重アゴ防止や小顔効果も期待できます。

次は目元の小皺です。顔の中で一番皮膚が薄いので摩擦に弱い部分です。

アイメイクを落とそうと強い力で擦るなど皺になる一因です。擦るではなくツボ押しマッサージはいかがでしょうか。目の周りにはたくさんのツボがあります。目頭の所にある晴明、眉下を触ると窪みがあり眉頭の所にある攅竹、眉下の窪んだ眉中央にある魚腰、眉下の窪んだ眉尻にある糸竹空、目の下を触ると窪みがあり目の中央辺りにある承泣があります。眼輪筋を刺激して目元の皺、たるみなどに有効です。丁寧に一つ一つ押さなくても目の周辺を全体的に優しく押すだけでツボを刺激する事ができます。

最後に額の皺です。まず額全体的にマッサージクリームを塗ります。使用する指は人差し指、中指、薬指です。眉毛の上から髪の生え際に向かって指を引き上げます。この動作を5回行います。注意点は一度引き上げた指を離して再度スタート地点から引き上げて下さい。眉間の皺に使用する指は両手の中指、人差し指です。両眉の中央に両手2本の指を押し当てます。こめかみに向かって縦皺を引き伸ばすように両脇に引きます。この動作を5回行います。

今まで形状記憶された額の皺を改善する方法です。最初の方法に使用する指は中指、人差し指です。額中央から半円を描きながら左のこめかみに向かって進みます。また中央に戻り右側も同様にします。この動作を交互に3セット行います。次の方法に使用する指は中指、人差し指です。縦皺に対して指を上下に置き、両手で半円を描くように動かします。10秒を3セット行います。これで眼輪筋とその上にある額の筋肉を刺激され皺は改善されるでしょう。

皺の原因は筋肉のたるみの他に乾燥があります。乾燥に効果のあるコラーゲンやヒアルロン酸などが配合された基礎化粧品を使用すると小皺が改善されます。

この表情筋トレーニング、マッサージと乾燥防止基礎化粧品で皺を気にする事なく、思いっきり豊かな表情で魅力的になってはいかがでしょうか?