進行性の薄毛「AGA」の治療法とは

近年、テレビCMなどで「AGA」に関する広告が流れています。主な広告内容は、その治療をするクリニックついてですが、それだけ今の時代が抱える切実な問題であることがうかがえます。そもそもAGAとは、日本語に直訳すると「男性型脱毛症」を意味します。成人男性によく見られる薄毛のことですが、多くは思春期以降に頭頂部や後頭部あるいは両方の部分が薄毛になります。

これまで男性の薄毛と言えば、大体40代前後と言われていましたが、20~30代の若い世代でも薄毛になりやすいということが言えます。主な原因は男性ホルモンによるものであると言われています。これは、一般的な薄毛の原因とも変わりませんが、進行性の症状であるということを認識する必要があります。

20歳から69歳のまでの男性の3人に1人がAGAにおける悩みを抱えているといっても過言ではありません。AGAを完治させるためには、意思による治療が不可欠になります。

まず、治療の初期段階では、AGAに関する原因を究明することから始まります。そのため生活状況、住環境など日常生活の原因を究明することから治療法と対策に関する計画をたてることができます。クリニックでは投薬による治療の他、生活の見直しが必要になります。