髪のうねりがあることに、慣れてはいないのですが

髪にうねりがあることは、もさもさ感があります。

わたしは生まれた時から、まっすぐな髪の質です。

ストレートの髪質で、おさげがみを母にしてもらって、

小学校へと行っていたことを、懐かしく思います。

母は朝の忙しい時に、私の髪を三つ編みをする事が面倒なのか

わたしに向かい「髪をきったら?」と言っていました。

父はその反対意見をもち、

わたしの長い髪を、切らない方がいいと言っていました。

なので、わたしの記憶の中では、幼い事からのストレートな

髪質と思います。

その様なまっすぐの、髪質に慣れているわたしです。

以前は天然パーマと呼んでいた髪質では、わたしはなったものですから、

違和感があるのです。

最近ではお風呂に入った際に、くしで髪をといてからシャンプーを行います。

シャンプーをすることで、

わたしは頭皮は、血行がよくなっていると思うのです。

でも10年と少し前から、うねりがある髪となり、

まだまだ血行が悪いものと、なっているのかなあと感じるのです。

そう言えば、亡くなった母も年齢を重ねる事で、うねりのある髪質に

なっていたのかなと思い起こしてみるのです。

わたしが物心ついた頃から、母はパーマをかけ続けていました。

母の髪質が、うねっていたのか

それともパーマをかけていたのか、わからなくなってしまいましたが、

人生の最後の時期、母は入院をしていました。

その際には、母の髪質は少しだけのうねりがあった様に思うのです。

年齢を重ねて、髪質が母に似ていると嬉しく思えます。

最近はうねりのある髪質が、嫌になってきていたのに、

こんな箇所が、母に似てよかったとも思い始めています。